FC2ブログ
ループ好きなDMPが綴る気まぐれで巡りゆくブログです

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/06/15から適用される新殿堂の所感

春夏秋冬「ふーん、今回温泉行きになったのは君たちか」
マジシャン「そうですね」
魔天「なんで俺なんだよ...」
ヒラメキ「ファンデッキが~」
暴龍警報「レッドゾーンのせいだ」
春夏秋冬「...君以外全部呪文で君魔術師だから全部君が悪そう('ω')」
マジシャン「え!?」





おはこんばんちは。春夏秋冬です。
今回の記事は2015年6月15日から適用される新殿堂についてです。
前回の記事で宣言したように私はカジュアルプレイヤーであるので、そういう視点で所感を話したいと思います。
さて、今回の新殿堂の具体的な内容ですが、

プレミアム殿堂:なし

殿堂:4枚

魔天降臨

鎧亜戦隊ディス・マジシャン

ヒラメキ・プログラム

暴龍警報

というものです。
この新殿堂を初めて見た時、これは納得と感じるものと、これはなんでだろ?と思うものがありましたが、みなさんはどのような第一印象でしょうか?
それでは各カードについて所感を述べていきます。

・魔天降臨について
長らく再録されておらず、いつ再録するのかなーと期待されていたカードですが、再録されることなく殿堂入りです。
基本的な使い道としては青黒ハンデスや黒単ドラグナーでのランデスカードとして運用されていました。
ハンデス系統は現環境ではイメンやモルトnextのカードパワーにかなり押され気味であり、この魔天降臨でなんとか抑え込んでいた状況でしたが、このカードの殿堂で弱体化にさらなる追い討ちを受けました。
絶対に勝てないとは言えないもの、デッキトップから引かれてしまった場合返せない状況になるため勝率は今まで以上に悪くなると思います。
私個人としてはループを使うときハンデス系統が一番相性の悪い相手であるため、このカードの殿堂でハンデス系統というデッキタイプが消えてくれると、とても戦いやすくなるなと期待しています。
ちなみに出てから殿堂するまでの期間が最長の殿堂カードになりました。

・鎧亜戦隊ディス・マジシャンについて
現環境最強クラスのデッキタイプであるイメン+マジシャンのループの中核であるこのカードですが、早々に温泉行きとなりました。
前回の殿堂適用が2015年3月14日であるため、たった2ヶ月での規制ですね。
イメン+ボアロでアルゴルorミランダから5コスト以上の次元クリーチャーで先に4コスト以上のクリーチャーがいれば龍解、(フォートレス状態なのでカード除去しか受け付けない)ボアロパゴスを除去しなければ次のターンにマジシャンを絡めた無限ブーストループが発生し、ラグマールで相手のクリーチャーを全除去+ボアロパゴスで大量展開+ガラムタでSトリガー封殺と回ってしまえばほぼ勝ててしまうデッキタイプであり、GW期間中に行われた多くのCSではクロックなどを入れて防御面を厚くしたイメンマジシャンが最も優秀な結果を残しています。
今回の殿堂で最も環境に対して影響を与えるカードですが、私個人の考えとしてはイメンブーゴ+ボアロアックスのデッキはマジシャンを絡めたループを行わずに、ただ単純に大量展開して物量で押すというプレイングも十分強く、このデッキタイプが環境から消えることはまだないと思います。また、ギガホーンなどでしっかりサーチすることもできるのですぐにリペアが開発されると予想しています。

・ヒラメキ・プログラムについて
ファンデッキ御用達のカードで、私個人としてはこのカードのテキストは独特で、デッキ作成のタイミングから目標が見えやすいカードであるためとても好きなカードであるのですが、残念ながら温泉行きへのチケットを渡されてしまいました。
サイキック以外のクリーチャーを破壊してデッキから破壊したクリーチャーのコスト+1のクリーチャーを出せるのですが、1年前はローランorガブリエラからスネーク、ミステリーヒッポからオプティマスと一人回しの要素が強いデッキを早いタイミングで回すために使用されていました。
私個人も1年前は5マナ溜まった段階で「コートニーヒッポヒラメキオプティマスラララライフ」を勝利の方程式として4tキルや5tキルをいっぱいしてました(*´ω`*)
今現在だとアマテラジカルから爆+バトライ閣で大量展開するデッキやファンデッキで多く使用されているカードです。
(ちなみにヒラメキスネークはこれが殿堂しなければロジックサークル4枚入れたらそれなりに戦えるデッキになっているそうです。)
規制理由は上記に書いた通り、新しいカードが出るたびにこのカードがあるたびに「なにかやばいコンボ」が突然生まれる危険性があり、またそれによるカードデザインの自由性が失われることにあると予想しています。
理想として全てのカードを把握してカードをデザインすべきですが、今現在の膨大なカードプールだと現実的ではない話だと考えています。(というか理想通りになっていたら殿堂というものはないはず)
このカードを規制したので今後出てくる新カードたちのデザインが気になりますね。

・暴龍警報
今回の殿堂の中で別の意味で問題視されているカードです。
その別の意味とは「わずか9ヵ月で環境上に登場していないマイナーカードが殿堂入り」したという意味だそうです。
ヒラメキ・プログラムのところで話しましたが、全てのカードプールを把握する以前に、1年以内(または1年後)のカードプールすら把握できてないことはどうなのか?ということが問題視されています。

...となってますが、
私個人としてはそれがどうしたの~?って感じに思ってます。
上記のことを問題視しているならカードデザイナーになって自分で考えろよっていう感じです

とまぁそんなことは置いといてですね、このカードの規制理由ですが、次弾に収録されている「轟く侵略レッドゾーン」が原因だと思います。
レッドゾーンのテキストですが、

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略―火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。 

というものなんですが、この「侵略」の効果を暴龍警報を使用すると、とても簡単に満たすことが可能なわけです。
一番簡単な例だと1tブレイズクロー2t暴龍警報ブレイズクローアタック時侵略でレッドゾーンに進化で2tにTBが襲い掛かってくるという超速攻な攻撃が可能です。
私個人としては、これするとイメンマジシャンは速度的に死んでしまうので、環境上に来たら環境変わるだろうなーと思っていたのですが、どうやらゲームバランスの崩壊を危惧されたのか許されなかったようですね。
このカードの殿堂には賛否両論ありますが、私は次弾のカードを見てこれは規制されるべきカードだなと思っています。

・総括
以上が個々のカードに対する所感ですが、今回の殿堂は大きく分けて2種類に分けられると考えています。

①環境上にいるデッキのパーツの殿堂
②新シリーズ以降に存在していると凶悪コンボが発覚する可能性があるカードの殿堂

この2種類ですね。
マジシャンと魔天が①、ヒラメキと暴龍警報が②です。
デュエルマスターズの公式HPの殿堂レギュレーションのページに「デュエル・マスターズでは常に最新のデッキ環境を確認の上、以降発売するカードの内容も含めて殿堂レギュレーションを決定しております。」と書いてあるのですが、今回の殿堂はこの言葉通りの規制ではないでしょうか?
(魔天失ったハンデス系統の方々は泣いていいですよ(;・∀・))

後、これは別の話題になるのですが、前回は公式の日本一が決定した後、今回は新シリーズの第一弾が発売する前というタイミングでの殿堂です。
恐らく日本一が決定した後は①の意味が強い殿堂、新シリーズの第一弾が発売する前は②の意味が強い殿堂が発表されていると思っています。
そのため、恐らく今回の殿堂後は(何かしらのイレギュラーがなかった場合)日本一決定後まで殿堂が発表されないと予想します。
今からデッキを作成する場合、かなり長い時間使用するデッキとなる可能性が高くなると思うので愛着の持てるデッキを作成して楽しんでいきたいですね。

それでは今回はこの辺りで(^.^)/~~~

P.S.
1年前ヒラメキ規制で今回ドレーン規制だったらローランとヒッポ生きてたんじゃないかな...?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 巡りゆく季節のなかで. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。