FC2ブログ
ループ好きなDMPが綴る気まぐれで巡りゆくブログです

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回オプティマスループ談義 ~ループの突入ルート編~
春夏秋冬「最新弾で頭いかれたやつがいる」
マナロック「俺のことかな?」
春夏秋冬「その通りお前だ、何か言うことはあるか」(首輪を持ちながら)
マナロック「え?」

春夏秋冬
「マナロックを使う
→マナロックより早いデッキ&天門が流行る
→ビート対策型オプティマスループを使う
→コントロール系統の遅いデッキが流行る
→マナロックを使う
→以下無限ループ
するから従えておこう...」




おはこんばんちは。春夏秋冬です。
第二回オプティマスループ談義のお時間です。
談義に入る前に軽く別話を
新弾の情報がちょこっと出てきて、メガマナロックドラゴンという壊れ気味なカードが判明しました。
ぶっちゃけオプティマスループはあいつに対してめっぽう弱いです。(´・ω・`)
遅いとは言いませんが、一度出てこられると対処が難しいです。
ですが、あやつが流行る→天門or速攻などのマナロックより早いビートダウンが流行るという構図ができるのでそのタイミングでオプティマスループが使えるんじゃないかなーと妄想してます。
冒頭の無限ループをあながち間違いじゃないと思うのでマナロックを使う可能性がありますね。
('ω')<集めるのめんどくさそう...

第二回の談義の内容ですが、オプティマスループを使う上で必ず覚えておくべきことである「様々なデッキに対するループの突入ルート」についてです。
「ループに入る」
一言でいえば簡単ですが、実際にやるとなると難しいものです。
特に今現在では1枚のカード毎のパワーがかなり上がっているため、油断していると一瞬で勝ちを持っていかれます。
そうならないためにも、この場でループの突入ルートを確認していきましょう。

①ループの突入ルートの種類について

初めに、ループの突入ルートの種類についてまとめていきます。
突入ルートには3種類あると自分は考えています。

1:コートニー先出しルート
2:6マナワンショットルート
3:8マナワンショットルート


これら3種類です。
ルート1は相手のデッキに除去札がない場合に使用するルートです。
相手に除去札がない=先に出していても除去される心配がないため、先にコートニーを出してループに入る際に必要となるカード数を減らしておきます。
また、このルートの特徴として最速3tキルが可能です。(4tキルはしたことあるけど3tキルはしたことない)

ルート2は相手のデッキに除去札がある場合に使用するルートです。
コートニーが2コス2kであるため各種次元呪文や各種ドラグナー、各種トリガー呪文で除去されやすいです。
そのため、相手に除去札があると判断した場合、コートニーを先出ししておくことはしません。
そのような時にギフトorフォレストを絡めてワンショットを行うルートがこのルートです。
最も使用率の高いルートです。

ルート3は最終手段です。('ω')
ルート2を決めようとしたけど決めれなくて対戦がもつれ込んだ時に使うルートです。
今の環境ではほとんど使用しませんが、このルートもあることを覚えておいてください。

自分は基本的にルート1or2を使用します。
どちらを使用するかは相手のデッキ次第としか言えないですね。
相手のデッキに除去札があるかどうかがかなり重要であるため、できるだけ相手のデッキを予想して判断する必要があります。

②各種デッキに対してのルート選択

ここからは各種デッキに対してどのルートを取るかをまとめていきます。
一応環境上のデッキ(自分の独断と偏見で決めた)に対して書いていきますが、基本方針というのがあります。

相手のデッキに除去札がある => ルート2
相手のデッキに除去札がない => ルート1


今回まとめに入っていないデッキに対しては上記の基本方針に乗っ取ってルートを決めてください。
(以下のまとめも基本的にこれに準拠してます)

<イメンマジシャン>

マジシャンが殿堂したにも関わらず相変わらず強いデッキタイプです。
ぶっちゃけ抜けたマジシャン1枚の枠にギガホーン積めばいいだけですからね...
ループに入らずとも単純に超打点を作って殴り切ることが可能なのもこのデッキの強みです。
そんなデッキですが、除去札が吸い込むor次元のティーガー程度しかないため、コートニーを先に出しても大きな損失はないためルート1を選択することができます。
当然のことですが、相手が除去してくる可能性もあるので過信は厳禁です。
除去されると予想できる場合にはルート2を採用しましょう。
戦い方なんですが、ぶっちゃけパクリオを何回出されるかの勝負です。('ω')
パクリオを出されない+こちらが事故していないならば勝つ可能性が高いですが、パクリオを何度も出されるとかなり不利な状況になって相手にループに入られて負けます。
(ちなみに、ミランダ+勝利リュウセイを使ってボアロパゴスを龍解されられた場合確実に詰みですので気を付けてください)

<モルトnext>

モルトnextと一括りにしましたが、モルト王を含んでいます。
つまりは、DS期以降増えた赤のマナ武装を持つドラゴンを使ったデッキタイプです。
このタイプの特徴として圧倒的な殺傷能力の高さがあります。
モルトnext+ハートバーンやモルト王+ギガハート+プロトハートなど、条件が達成できていれば1枚でワンショットすることが可能なカードたちが大量にいます。
また、最近ではジャックポット+サイクリカや閣などで横に並べる動きも可能になりました。
このデッキタイプですが、ミツルギやバーニング銀河などの各種除去トリガーなど、除去札が多めのデッキタイプであるため、基本的にルート2しか選択しません。
そしてこのタイプは基本的に「殴らせて討ち取る」という戦法をとります。
上記に書いた2種類のワンショットですが、どちらもハヤブサorトリガー1枚で止まる攻撃です。
そのため、わざと殴らせて首の皮一枚耐えた後増えた手札でルート2でループに突入します。
また、モルト覇+エンドレスヘブンの組み合わせの場合はまず死ぬことがない+2枚手札が増えるため、こちらの場合はひやひやせずにループに入ることができます。
しかし、ジャックポット+サイクリカや閣などで横に並べられるとスロチェを使わないと耐えれない場合、モルト王が中心の場合焦土が採用されている可能性がある場合があるので、これらの場合には気を付けてください。
(ここでクリメモ+ハヤブサの組み合わせがめっちゃ強いんですよ!管理人おすすめです!)

<黒緑速攻>

黒緑速攻とは書きましたが、速攻全般とします。
なが~い間環境上に居座り続けているデッキタイプです。
相手のデッキが機能する前に殺しきってしまう速度と攻撃特化の構築ゆえの事故率の低さが特徴です。
(個人的に初心者に最初に使わせるデッキとしては速攻が最適なんじゃないかと思ってます)
このデッキタイプの特性上、こちらが6マナに到達することはあまりないと思います。
また、構成の時点で除去札がないため、ルート1しか選択しません。
さらに限定して言えば、4tキルルートを目指して戦います。
4tキルルートとは、コートニー先出しして4マナ溜まった時点でギフト→オプティマスでループに突入するというルートです。
速度的にこのルートしか間に合わないため、コートニーを2t,3tに出せるかどうかが鍵となります。
(踏むトリガーの枚数や種類、その時の引きなど、かなり運が絡むことが多いです)
このデッキタイプで最も使用率の高いのは黒緑速攻ですが、黒緑にはトリッパーが採用されていることが多く、こちらのループを阻害してくることがあります。
しかし、無限ブーストループの終着点(フィニッシュに移る時のこと)でオプティマスの効果で盾にスロチェを仕込むことができるため、実質的にExターンが取得でき、次のターンにフィニッシュに移ります。

※オプティマスの水の盾入れ替え効果について
「水:自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。、その後、自分の手札を1枚裏向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。」
上記の通りの効果なのですが、このテキストの最も重要な点は「盾を回収してから盾を追加することができる」という点です。
スパエメやエメラルとは違い後で盾を追加するため、盾が0だった場合盾を追加することが可能です
(エメラルーダと同じだと思ってください)

<赤緑or緑単サソリス>

現在一番主流のビートダウンです。
安定度を求めた緑単と爆発力を求めた赤緑ですが、どちらも打点形成に優れているのが特徴です。
また、このデッキタイプでは次元のチャブル×2がかなり強く、これら+サソリスボアロ+4マナ進化+イダでワンショットが可能です。
自分も実際に持っているデッキタイプなのですが、赤緑と緑単では選択するルートが違います。
まずは緑単ですが、こちらは除去札がフェアリー穴からの勝利ガイアールやエウル=ブッカ程度しかないため、ルート1を選択することができます。(当然、除去される可能性もありますが)
対して赤緑はモルト+ガイハートやボルシャック穴、スタートダッシュバスターなど除去札が多いため、ルート2を選択します。
そして、基本的な戦略ですが、「殴らせて取る」という戦法をとります。
ある程度殴らせつつ、致死打点には届かせないようにプレイングする必要があります。
(このデッキタイプと戦うためにスロチェが採用されている)
また、場にオプティマス/マナにオプティマス/手札にコンチェルトがあれば無限にスロチェを盾に埋めることができます。
このプレイングは重要であるため覚えておくと役に立ちます。

<天門>

モルトnextや赤緑or緑単サソリス、黒緑速攻など強力なビートダウンに対するメタデッキとして存在しているデッキタイプです。
圧倒的な耐久性能とエメラルーダ+ミルザムからの大量展開はビックマナに対しても強く立ち回ることができます。
しかし、このデッキタイプは自分より早く、殴ってこない相手に対しては弱いため、オプティマスループで戦う相手としてはかなり楽な相手です。
基本的にエメラルーダからの水霊かヴァルハラでのタップキルしか除去手段がないため、ルート1を選択します。
落ち着いてパーツを集めることができればまず負けることはないと思います。
(スノーが採用されていたらブーストすらしなくても良いです)

<マーシャルループ>

最近多く見るようになってきたループデッキです。
オプティマスループとの違いは受けの強さとパーツの量です。
マーシャルループの方が受けが強く、オプティマスループの方がパーツ数が少ないです。
しかし、これも天門と同様、オプティマスループで戦う相手としては楽な相手です。
基本的に相手は鬼面を貼るので勝手に手札が増え、こちらが殴らないためパーツ数が少ないこちらの方が有利です。
また、除去札もほとんどないためルート1を選択し、4tキルを狙います。

<黒単ドラグナー>

まず、対戦相手として分が悪すぎるので想定していません!
タイガニトロが無理です!

おそらく相手の引きが悪いか相手のプレイングが悪いかのどちらかでしか勝つことが難しいデッキタイプです。

以上が環境上のデッキに対するループの突入方法のまとめです。
上記では書いていませんでしたが、基本的なプレイングは各種ドローソースを使ってパーツを回収して選択したルートでループに突入するというのが基本的なプレイングです。
基本方針と基本的なプレイングを落ち着いて判断することができたら間違えることはないと思います。
また、逆の立場としてオプティマスループの相手をする場合、こんな感じでループに突入することになると思うので、相手する場合にはこれを考えながら戦えると勝ちやすくなると思います。
長々と書いてしまいましたが、今回はこの辺りで(^.^)/~~~

P.S.
新弾で環境はどう変わるんですかね?
マナロックのおかげでビックマナ/ハンデス系統./イメンマジシャンは死ぬと思うんですけど...
天門が増えたらオプティマスループを使う理由ができますね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 巡りゆく季節のなかで. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。